農業用語辞典

農業に関する様々な用語を説明しています。

41120件を表示
単語 よみがな 説明
積算温度 せきさんおんど 毎日の平均気温を合計した数値。 作物の生育には、毎日の気温の累積が重要であると考えられており、そ..
溝切り みぞきり 排水が良くなるように、また必要なときに田んぼ全体に素早く水が届くように溝を切ること。
穂肥 ほごえ 穂のモミの数を増やしたり、稔りの良いモミをつけるために行う追肥。
慣行レベル かんこうれべる 地域で慣行的に行われている「農作物栽培における化学合成農薬及び化学肥料の使用状況」を指す。 各都道..
病徴 びょうちょう 農産物の病気の症状のこと。 しおれ、枯れ、腐れ、斑点、こぶなどの症状などがある。
夏すずみ なつすずみ キュウリの一品種。タキイ種苗が開発した。 夏秋キュウリのロングセラー品種で、べと病・うどんこ病に..
稲架掛け はさがけ 刈り取った稲を稲架と呼ばれる干しざおで天日乾燥すること。 天日干しすることにより、うまみが増すと..
中干し なかぼし イネの根に酸素補給するため、またこれ以上に必要のない分けつが出ないように田んぼの水を抜き、田干しを..
桃太郎 ももたろう タキイ種苗が1985年に開発したトマトの品種。完熟トマトの元祖であり、代名詞。 現在までに25品種の..
土寄せ つちよせ 作物を植えた後の根元に土を寄せかけること。 根をしっかり張らせたり、作物が倒れたりしないようにす..
追肥 ついひ 成長過程で、肥料を追加して与えること。 足りなくなった栄養素を補給することを目的とします。
頂芽 ちょうが 茎や枝の先端にある芽を指す。 頂芽とわき芽では、頂芽の方が生長しやすい。
水耕栽培 すいこうさいばい 土を用いずに、養液のみで植物を育てる栽培方法を指す。 病気や害虫を防ぎやすく、収穫までの管理がし..
面積の単位。1畝は99.174 m²にあたります。(概ね1アールに相当) 10畝が1反。 土地面積計算機 ..
浸種 しんしゅ 発芽させるために、種籾を一定時間水に漬けておくこと。
JGAP ジェイギャップ JGAP(ジェイギャップ)は、農場やJA(農協)等の生産者団体が活用する農場管理の基準です。農林水産省が..
植え痛み うえいたみ 苗を植え替える際に、根が切れたり乾燥したりして苗が傷んでしまい起こる障害。 その後の生長や収量に..
下葉 したば 草木の下のほうにある葉。
キュアリング きゅありんぐ 主に貯蔵期間を延ばすために、農産物を収穫後一定期間高温多湿な納屋などで保存し、収穫時の傷をふさぐこ..
耕作放棄地 こうさくほうきち 農作物が1年以上作付けされず、農家が数年の内に作付けする予定が無いと回答した田畑および果樹園を指し..
123
会員登録 | ログイン