農業のはじめ方図鑑 | farmer's 【ファーマーズ】

新規就農。新しい人たちの農業へのチャレンジ。

さいきん就農する人の話をよく耳にするけど実際のところどんな感じなんだろう…大変そうだけど…
ここでは最近就農した方、農業を仕事して始めた方たちに就農のキッカケや大変だった事、良かった事などをお話しをお聞きしました。

現在26歳の武田 智さんは、東京大学大学院 在学中に就農の道を選びました。
横浜出身の非農家でしたが、大学院卒業後に農業法人へ就職し農家になった武田さんに、就農のきっかけや目指す農業像をお聞きしました。

―就農を目指したきっかけを教えてください。

大学院では「水田の管理が生態系にどのような影響を与えるのか」という研究をしており、調査等を通して農家さんとコミュニケーションをとる機会が頻繁にありました。農家さんと交流する中で、食べ物を作ることに興味が湧いてきたことが、就農を決めた大きなきっかけです。

―武田さんは非農家からの就農ですね。現在勤められている農業法人さんはどのように知ったのですか?

新規就農者の採用イベント「新・農業人フェア」が東京で開催されていた時に参加し、そこでたまたま出会いました。数ある法人の中から現在勤めている農業生産法人 株式会社大嶋農場を選んだのは、従業員がみんな若くて親しみやすかった点と、有機栽培でお米をつくっている点に惹かれたからです。

―もともと有機栽培米にご興味をお持ちだったのですか?

そうですね。環境に優しいこともそうですが、一つのブランドになっているからです。例えば、TPPなどで海外の安いお米が大量に入ってきた時、国産の普通のお米や安いお米だと競争力がないので、何かしらの付加価値がないとやっていけない。当社の付加価値は有機栽培である事はもちろん、お米の食味を向上させるために様々な方法をとっている点にあります。例えば独自の方法として、沖縄産の天然塩・国産ハチミツ・カツオ節エキスを穂が出る時期に数回散布したり、堆肥に米ぬかやカキの貝殻を堆肥に混ぜたりしています。他社にはない価値を見出し実践している点が、とても勉強になります。

  • (かつお節エキス、はちみつ、雪塩を混ぜている様子)
  • (散布している様子)

―それは珍しいですね。

作り方だけでなく、珍しい品種もたくさん栽培しています。例えば、カレーによく合う「華麗舞」や、腎臓病患者さん向けの低たんぱく米「LGCソフト」、寿司専用米「笑みの絆」など、全部で16品種を栽培しています。

―多品種栽培で大変なことはありますか?

一番大変だと思うのは、秋の収穫作業と調整作業です。当社はコンバインが一台しかないので、品種を変えるごとにコンバインを隅々まで掃除しないといけないのですが、掃除だけでも3時間程かかります。コンバインだけでなく、籾すりや精米などの調整作業でも、品種を変えるごとに掃除をしないといけないので、なかなか大変です。

  • (収穫前のミルキークイーン)
  • (コンバインは品種毎に掃除します)

―“農作業”と一括りにしても、様々な作業が必要ですね。

そうですね。あと、やはり力仕事は大変です。例えば、希釈した天然塩を散布する際は、トラックに積んだ500Lタンクから100mもあるホースをひっぱって散布しますが、これがものすごく重たいんです。他にも、お米は1袋30kgが基本ですし、除草機もけっこう重い。ちょっとした作業全てが力仕事になります。
ただ、学生時代のころ、教授からのプレッシャーがかなりあって、ガッツというか精神的なタフさは鍛えられましたね(笑)。

(1袋30kgのお米を持つ武田さん)

―精神力も重要ですよね!逆に、一番やりがいを感じるのはどんな時ですか?

自分が手塩にかけて作ったお米を買ってもらえた時です。特に、東京都内で開催されるイベントで、当社と同じように有機農作物を扱う出店者が多い場合は、栽培上の特徴を上手くPRするよう心がけています。

―将来は、どのような農家になりたいですか?

有機栽培を基本とした農業経営で、最終的には自分で育てた農産物を出せるレストランを開けたら面白いなぁと思っています。お米に興味はありますが、稲作は初期投資がかかるので、比較的低コストで始められる野菜から挑戦しようと思っています。
社長の大嶋は新規就農者育成にも積極的で、これまでも多くの卒業生を送り出してきました。私もここで様々な経験を積ませていただき、5年後くらいに独立したいと考えています。

(社長 大嶋さん)

―最後に、武田さんにとって農業とは?

やりたかった仕事です!それに、農業を一つの産業として見たら面白いと思います。今はTPPなどで「農業は厳しい」という話ばかりですが、売り方等の工夫次第で解決できると思います。しっかり付加価値をかけてターゲットを絞る事が大切で、何より見極めが重要です。それに、農業って工業や商業と違い、未発達な産業だと思います。そういう意味でも、チャレンジできることが多いと感じています。

(取材:NOPPO編集部 福本由紀子)

新規就農者として頑張っているあなたの体験談をお寄せ下さい。

会員登録 | ログイン